コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊水検査 ようすいけんさ

妊娠・子育て用語辞典の解説

ようすいけんさ【羊水検査】

出生前診断のうち、最も多く行なわれている検査。妊婦さんの腹部に針を刺して羊水を吸い出し、羊水に含まれている胎児の細胞を検査します。一般には妊娠16週ころに行ないます。受ける前には、専門家による十分な説明とカウンセリングが必須です。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

羊水検査

妊婦のおなかに針を刺して子宮内の羊水を採取し、胎児の細胞を調べる検査。胎児の染色体異常などが高い精度でわかるが、0・3%の確率で流産のおそれがある。今年4月、妊婦の体に負担をかけずにできる血液採取による新しい出生前診断が一部の病院で始まったが、陽性の場合、確定診断には羊水検査が必要となる。

(2013-05-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ようすい‐けんさ〔ヤウスイ‐〕【羊水検査】

羊水に含まれる胎児の細胞を採取し、染色体に異常がないかどうかを調べること。35歳以上の高齢出産の妊婦、兄弟や第一子に染色体異常がみられるハイリスク妊婦などを対象に行われている。趣旨をよく理解したうえで受けることや、異常があった場合の心のケア等が必要とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようすいけんさ【羊水検査】

胎児や羊水の異常を検出することを目的に行う羊水の検査。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羊水検査
ようすいけんさ

羊水を観察あるいは分析することによって妊娠中の胎児の状態を調べる検査をいう。羊水鏡を用いて経腟(ちつ)的に卵膜を介して直接肉眼で観察し、羊水の色調や混濁度を調べたり、腹壁から穿刺(せんし)して羊水を採取し、染色体分析、生化学的分析、細胞診断的検査が行われる。胎児が酸素不足に陥ると胎便を排出し、そのために羊水が混濁するので、羊水鏡によって混濁が認められると、胎児仮死が疑われる。また、羊水の物理化学的性状からは胎盤機能不全や子宮内胎児発育遅延などが診断される。この場合は羊水穿刺によって採取した羊水の混濁度、脂肪細胞出現率、クレアチニン濃度、リン脂質(とくにレシチン)の定量などを行う。なお、染色体分析を行えば遺伝的疾患や染色体異常などの診断、あるいは胎児の性別判定が可能である。また、羊水検査によって血液型不適合妊娠による溶血の有無、子宮内胎児死亡の予測も可能である。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

羊水検査の関連キーワード新型出生前診断の臨床研究血液による出生前診断母体血清マーカー検査胎盤機能不全症候群血液型不適合妊娠血清マーカー検査リピドーシス出生前診断先天異常胎児情報周産期胎盤

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊水検査の関連情報