コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高齢出産 コウレイシュッサン

デジタル大辞泉の解説

こうれい‐しゅっさん〔カウレイ‐〕【高齢出産】

高年齢出産」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうれいしゅっさん【高齢出産】

女性が出産可能とされる年代の中で、比較的高い年齢になってから初めて出産すること。一般に、早産・流産・妊娠高血圧症候群などの危険性が若干高いといわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高齢出産
こうれいしゅっさん

35歳以上の妊婦の出産。高年齢出産ともいう。日本産科婦人科学会は、35歳以上の初産婦を高年初産婦とし、国際産科婦人科連合(FIGO:International Federation of Gynecology and Obstetrics)は、高齢妊娠を初産婦35歳以上、経産婦40歳以上と定義している。したがって、日本では女性が35歳以上で初めて妊娠すること、世界的には出産経験のある経産婦が40歳以上で妊娠することも含めて高齢妊娠とよび、そこからの出産が高齢出産となる。一定の年齢以上での妊娠・出産を高齢出産として区別するのは、体力や身体機能には個人差が大きく関与するものの、一般的には30歳を超えたころから妊娠・出産に伴うリスクが徐々に高くなるためである。具体的なリスクとしては、子宮内胎児発育遅延を起こしやすい妊娠高血圧症候群の発症、軟産道強靭(きょうじん)(分娩(ぶんべん)時に胎児が通過する子宮頸管(けいかん)が十分に開かない状態)による難産、胎児の染色体異常などの確率が高くなることがあげられる。流産の確率も増す傾向にあり、出産までに特別な注意を必要とする。
 日本では、近年の晩婚化傾向により出産年齢も高くなり、高齢出産が増加している。厚生労働省「2015年人口動態統計」によると、2015年(平成27)の高齢出産数は28万2159で、総出生数(100万5677)のおよそ28%を占める。1985年(昭和60)の同統計では10万1970で、およそ7%であった。また、1985年から2015年の合計特殊出生率の推移をみると、20~29歳の各年齢階級では低下、30歳以上の各階級は上昇傾向にある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高齢出産の関連キーワード不妊に悩む方への特定治療支援事業母体血清マーカー検査遺伝カウンセリング高齢出産と注意ジャガー横田母乳バンク出生前診断木下大維志生まれる。戸川昌子子宮がん公衆衛生羊水検査産後ケアイサク危険性早産妊活年代流産

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高齢出産の関連情報