美代敦本(読み)みしろ あつもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美代敦本 みしろ-あつもと

1662-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文2年生まれ。土佐(高知県)の人。谷秦山(じんざん),浅見絅斎(けいさい)にまなぶ。私塾でおしえ,のち高知藩執政の山内氏興にまねかれる。長男成章の行状がわるかったため,成章をつれて高岡村にうつり謹慎したという。享保(きょうほう)19年死去。73歳。通称は伝太郎。号は廿代山人。著作に「杏林随筆」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android