コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美代敦本 みしろ あつもと

1件 の用語解説(美代敦本の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美代敦本 みしろ-あつもと

1662-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文2年生まれ。土佐(高知県)の人。谷秦山(じんざん),浅見絅斎(けいさい)にまなぶ。私塾でおしえ,のち高知藩執政の山内氏興にまねかれる。長男成章の行状がわるかったため,成章をつれて高岡村にうつり謹慎したという。享保(きょうほう)19年死去。73歳。通称は伝太郎。号は廿代山人。著作に「杏林随筆」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

美代敦本の関連キーワード平敷屋朝敏ブルボン朝伊丹勝長江戸座からくり三方五湖文楽人形浄瑠璃芝居シネマコンプレックス相生獅子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone