谷秦山(読み)たに じんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷秦山 たに-じんざん

1663-1718 江戸時代前期-中期の儒者,神道家。
寛文3年3月11日生まれ。土佐高知藩士。山崎闇斎(あんさい)に朱子学神道を,渋川春海(はるみ)に暦学をまなぶ。一時とだえていた南学(海南学派)を再興,「国体の明徴」をとなえた。その思想は幕末の尊王倒幕運動に影響をあたえた。享保(きょうほう)3年6月30日死去。56歳。名は重遠(しげとお)。著作に「朝倉神名弁」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

谷秦山

没年:享保3.6.30(1718.7.27)
生年:寛文3.3.11(1663.4.18)
江戸前・中期の儒学者,神道家。名は重遠,秦山は号。土佐(高知県)に生まれる。家は代々,神職であった。17歳で京都に出て,山崎闇斎や浅見絅斎に学ぶ。土佐に帰ったのち,さらに闇斎門下の渋川春海に書簡を送り,天文・暦算や神道を学ぶ。藩主山内豊房に用いられて,藩士に学を講じるが,宝永4(1707)年豊房死後の政変で蟄居,10年余におよぶ。朱子学に神道をあわせた学問を展開し,一時絶えていた土佐南学派を再興した。その国体論は,幕末の勤皇倒幕運動にも影響を与えた。著書に『神代巻塩土伝』(全5巻),『元亨釈書抄』などのほか,『秦山集』(全50巻)がある。

(柴田篤)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たにじんざん【谷秦山】

1663~1718) 江戸中期の神道家・儒学者。土佐の人。名は重遠。山崎闇斎の垂加神道を基本にしながら、渋川春海から天文・暦学を学んだ。著「秦山集」「保建大記打聞」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷秦山
たにしんざん

[生]寛文3(1663).3.11. 土佐
[没]享保3(1718).6.30.
江戸時代前期~中期の南学派の儒学者,神道家。本姓は大神,名は重遠,通称は丹三郎。 19歳のとき京都に上り,山崎闇斎,浅見絅斎に垂加神道,儒学を学び,32歳のとき江戸の渋川春海に天文暦学,神道を学んだ。帰藩後,土佐国中の神社を修造し,『土佐国式社考』を著わした。晩年,罰せられて 12年間蟄居。幕末の土佐勤王血盟党の指導原理は彼の思想に基づいている。主著『神代巻塩土伝』『保建大記打聞』『秦山集』。 (→南学 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷秦山
たにしんざん
(1663―1718)

江戸中期の儒学者、神道(しんとう)家。本姓は大神(おおみわ)氏、名は重遠(しげとお)、丹三郎と称し、秦山はその号。土佐の郷士の家に生まれ、17歳のとき上洛(じょうらく)して山崎闇斎(やまざきあんさい)に入門。闇斎没後はその高弟浅見絅斎(あさみけいさい)に師事し、さらに天文暦学および神道を同門の渋川春海(しぶかわはるみ)に学び、儒学(朱子学)、神道、天文暦学などに頭角を現し、土佐南学(とさなんがく)をよく継承発展させた。この間、土佐藩(山内家)に儒官として仕えたが、藩内の事件に連坐(れんざ)し、45歳のとき蟄居(ちっきょ)を命ぜられ、死に至るまで許されなかった。秦山の学風は闇斎および絅斎を継承するものであったが、絅斎とは異なり徹底した日本主義を主張し、儒者流の中国崇拝および儒教の普遍主義を厳しく批判するところにその特徴がある。著書に『神代巻塩土伝(じんだいかんしおつちでん)』『中臣祓塩土伝(なかとみのはらいしおつちでん)』『土佐国式社考(とさのくにしきしゃこう)』『保建大記打聞(ほけんたいきうちぎき)』『新蘆面命(しんろめんめい)』(1704成立)『秦山集』(1728)など。明治期の軍人・政治家である谷干城(たにかんじょう)は、秦山の子孫にあたる。[佐久間正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

谷秦山 (たにしんざん)

生年月日:1663年3月11日
江戸時代中期の儒学者;神道家
1718年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の谷秦山の言及

【谷重遠】より

…江戸中期の儒学者,神道家。土佐の人。通称丹三郎,号は秦山(じんざん)。若くして上京,山崎闇斎,浅見絅斎について儒学,神道を学び,帰国後も江戸の渋川春海に入門して暦学を修めた。壮年,藩主に召されて儒員に加えられたが,のち罪を得て蟄居を命じられる。その間,国典を渉猟して学問を大成,〈国体の明徴〉を説いて後代に大きな影響を与えた。著書は《神代巻塩土伝(じんだいのまきしおつちでん)》《中臣祓塩土伝》《保建大記打聞》《土佐国式社考》《秦山集》があり,ほかに《俗説贅弁》《新蘆面命》等国史や律令格式をひろく渉猟した多数の書を編纂した。…

【土佐国】より


[文化と維新]
 土佐の朱子学は南学と呼ばれ,野中兼山,小倉三省,山崎闇斎らのグループが振興の先鞭をつけたが,兼山の失脚とともに当局に忌避されて〈南学四散〉を招いた。その後,京都に出た闇斎に谷秦山(谷重遠)が学んで復活し,史学,国学,暦学をあわせて〈谷家の学〉として伝えた。その土壌の上に武藤致和(むねかず)の《南路志》,鹿持(かもち)雅澄の《万葉集古義》などが生まれ,維新に連なる尊王思想が形成された。…

【土佐山田[町]】より

…高知県中東部,香美(かみ)郡の町。人口2万1951(1995)。物部川のつくる香長平野の北部を占め,北西部は山地。西縁は南国市に接する。町の中心は江戸前期,土佐藩執政野中兼山により開発され,在郷町として発展した山田野地町の地にあたり,物部川上流域や北方長岡郡からの物資の集散地であった。物部川左岸の神母ノ木(いげのき)から右岸小田島にかけて,兼山によって築造され下流域を灌漑した山田堰が今に残る。山地部は雨量が多く良材を産するが,平野部では温暖多雨の気候を生かして施設園芸が盛んで,野菜,タバコ,かんきつ類などを産し,米の二期作も行われている。…

※「谷秦山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android