コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃王 みののおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美濃王 みののおう

?-? 飛鳥(あすか)時代の皇族。
御野王とも。「日本書紀」によれば,壬申(じんしん)ののとき,吉野から東国にむかう大海人(おおあまの)皇子の一行に途中から従軍天武天皇2年(673)高市(たけち)大寺造寺司となり,4年風神を竜田立野(奈良県)にまつる使いとなった。冠位小紫

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

美濃王

生年:生没年不詳
7世紀後期の皇族。御野王とも書く。壬申の乱(672)に際し,吉野を脱出して東国にゆく大海人皇子(のちの天武天皇)に倭国【G7EDF田/うだ】の甘羅村(奈良県大宇陀町)で従軍した。乱後は造高市大寺司,風神を竜田立野(同県三郷町)に祠る使などを務めている。冠位は小紫。栗隈王の子美努王(三野王)と同一人物とする説もあるが,確実ではない。

(増渕徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

美濃王の関連キーワードあすか生年