コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃王 みののおう

2件 の用語解説(美濃王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美濃王 みののおう

?-? 飛鳥(あすか)時代の皇族。
御野王とも。「日本書紀」によれば,壬申(じんしん)の乱のとき,吉野から東国にむかう大海人(おおあまの)皇子の一行に途中から従軍。天武天皇2年(673)高市(たけち)大寺の造寺司となり,4年風神を竜田の立野(奈良県)にまつる使いとなった。冠位は小紫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

美濃王

生年:生没年不詳
7世紀後期の皇族。御野王とも書く。壬申の乱(672)に際し,吉野を脱出して東国にゆく大海人皇子(のちの天武天皇)に倭国【G7EDF田/うだ】の甘羅村(奈良県大宇陀町)で従軍した。乱後は造高市大寺司,風神を竜田立野(同県三郷町)に祠る使などを務めている。冠位は小紫。栗隈王の子美努王(三野王)と同一人物とする説もあるが,確実ではない。

(増渕徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美濃王の関連キーワード壬申の乱法親王石川王大伴馬来田巨勢人佐味少麻呂高坂王田中足麻呂三野王三原王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone