コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群肝/村肝 ムラギモ

デジタル大辞泉の解説

むら‐ぎも【群肝/村肝】

《「むらきも」とも》体内の臓腑(ぞうふ)。五臓六腑(ごぞうろっぷ)。
[補説]書名別項。→むらぎも

むらぎも[書名]

中野重治長編小説。昭和29年(1954)1月から7月にかけて「群像」誌で連載ののち、単行本刊行。著者の分身的存在である片口安吉が主人公。「歌のわかれ」に続く自伝的作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の群肝/村肝の言及

【心】より

体(からだ)心身問題【黒田 亘】
【日本語における〈こころ〉】
 人間の精神活動の内容や動きをいう〈こころ〉という日本語は,古くは身体の一部としての内臓(特に心臓)をさす場合が多かった。8世紀の《古事記》《日本書紀》《万葉集》には,〈こころ〉の枕詞として〈肝(きも)むかふ〉〈群肝(むらぎも)の〉が用いられており,また〈心前(こころさき)〉(胸さきの意),〈心府(こころきも)〉の語がみえる。いわゆる五臓六腑の総称が〈群肝〉で,心臓がそれらの〈肝〉に対して位置するところから〈肝むかふ〉といい,また〈肝〉の一類として〈心肝〉と呼んだのであろう。…

※「群肝/村肝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報