コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義延入道親王 ぎえんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(義延入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義延入道親王 ぎえんにゅうどうしんのう

1662-1706 江戸時代前期,後西(ごさい)天皇の第4皇子。
寛文2年6月29日生まれ。母は清閑寺共子(ともこ)。親王となったのち天台宗実相院にはいり,門跡(もんぜき)となる。園城寺(おんじょうじ)長吏や護持僧をつとめたが,不行跡のため辞任。宝永3年寺務にもどり,同年10月19日死去。45歳。俗名は幸嘉。幼称は五宮(ごのみや)。法号は十如院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

義延入道親王の関連キーワード逢春門院井田昌胖大橋宗伝小田切一雲松栄女王瑞光女王栖原角兵衛(2代)清閑寺共子中村宗哲(2代)和田東潮

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone