コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義延入道親王 ぎえんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義延入道親王 ぎえんにゅうどうしんのう

1662-1706 江戸時代前期,後西(ごさい)天皇の第4皇子。
寛文2年6月29日生まれ。母は清閑寺共子(ともこ)。親王となったのち天台宗実相院にはいり,門跡(もんぜき)となる。園城寺(おんじょうじ)長吏護持僧をつとめたが,不行跡のため辞任。宝永3年寺務にもどり,同年10月19日死去。45歳。俗名は幸嘉。幼称は五宮(ごのみや)。法号は十如院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義延入道親王の関連キーワードイーブリンカスパルカスパルイーブリンシュリューターペドロ2世[ポルトガル王]アルバカーキ清水貞徳関口流錦文流

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android