コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽撃く ハタタク

デジタル大辞泉の解説

は‐たた・く【羽撃く】

[動カ五(四)]鳥が翼を広げて打ち合わす。はばたく。
「鳥は憩うが如く見えしが、俄に―・く勢に」〈鴎外訳・即興詩人

は‐ばた・く【羽撃く/羽×搏く】

[動カ五(四)]
鳥などが両翼を広げて上下に動かす。「鷲が大きく―・く」
実力をつけて、広い社会に出て行く。「国際人となって世界に―・く」
[可能]はばたける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はたたく【羽撃く】

( 動五[四] )
はばたく。 「鶏の羽さへ-・くに懶げで/婦系図 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

羽撃くの関連キーワード婦系図国際人両翼

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android