コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉果(読み)ヘイカ

大辞林 第三版の解説

へいか【閉果】

成熟しても割れないで、果皮が種子を包んだまま落ちる果実。液果の大部分と、乾果中の痩果そうか(キク科)・穎果えいか(イネ科)・翼果(カエデ科)・堅果(ブナ科)など。 ⇔ 裂開果乾果

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の閉果の言及

【実】より

…果皮の形態に基づいて実を分類すると次のようになる。まず果皮が乾いている乾果dry fruitと多汁質の液果fleshy fruitに二大別され,乾果はさらに果皮が裂開して種子が外へ出る裂果dehiscent fruitと裂開しない閉果indehiscent fruitに分けられる。裂果はふつう多数の種子をもつ実にみられ,裂開は離生めしべでは,心皮の辺縁の合着部(シャクヤク),心皮の背側(モクレン),合着部と背側の両方(マメ類)にそって起こる(図4)。…

※「閉果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android