コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人保健制度 ろうじんほけんせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老人保健制度
ろうじんほけんせいど

老人医療に要する費用を国民が公平に負担するための制度。1983年,老人保健法の定めるところにより,国民の老後における健康の保持と適切な医療の確保をはかるため,疾病の予防,治療,機能訓練などの保健事業を総合的に行なうことを目的として実施された。高齢化社会の到来による高齢者医療費の急激な増加,医療保険における医療費負担の不均衡がその背景にあった。公費と医療保険各制度からの拠出金によって費用をまかない,高齢者が一部負担金を支払うというもので,それまで 10年間続いた老人医療費無料化制度に代わって実施された。75歳(一定以上の障害があり,老人保健法の認定を受けた者は 65歳)以上の医療保険加入者は,居住する市町村においてこの制度のもとで医療を受ける。2006年に老人保健法が「高齢者の医療の確保に関する法律」に改められ,2008年に後期高齢者医療制度が発足したことに伴い,新制度に移行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

老人保健制度

75歳以上の人(及び65歳以上の寝たきりの人)にかかる老人医療費を賄う仕組み。老人医療費は患者の自己負担を除く部分について5割を各医療保険制度からの老人保健拠出金で、5割を国と地方自治体による公費で負担している。1973年に老人医療費無料化が始まったが、医療費が膨張したため、83年からこの制度に改めた。なお2002年7月に成立した健康保険法等改正で02年10月から07年10月までに70歳から75歳に引き上げ、公費負担を3割から5割に引き上げることになった。06年の医療制度改革では08年にこの制度を廃止し、新たにつくる高齢者医療制度に移行することになった。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうじんほけんせいど【老人保健制度】

高齢化が急速にすすむ状況のもとで制定された老人保健法(1982)を軸とする諸施策をさす。その前史としては,1963年制定の老人福祉法において65歳以上の者に対する健康診査が福祉の措置として規定されたほか,保健所活動として老人の保健指導等が実施されることとなった。他方,老人の医療については皆保険によりすべて医療保険でカバーされることになったが,国民健康保険加入者である老人や被用者保険の家族である老人については,3割ないし5割が自己負担であったため,一般的にいって低所得者が多く,また有病率の高い老人の医療費の自己負担の軽減が必要とされて,国に先んじて地方公共団体での独自の老人医療費公費負担制度が行われていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

老人保健制度の関連キーワード医療制度改革(2002年)医療制度改革(2006年)重度障害者の医療費補助退職者医療制度

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android