コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老君 ロウクン

デジタル大辞泉の解説

ろう‐くん〔ラウ‐〕【老君】

家督を譲って隠居した主人や主君を使用人や家臣がよぶ称。
老人を敬っていう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうくん【老君】

臣下が隠居した主君をいう語。
老人を敬っていう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

老君の関連キーワードフーニウシャン(伏牛山)山脈シェンノンチヤ(神農架)林区ユイメン(玉門)市道教/道教の神々フナバラソウ太上感応篇太上道君元始天尊五斗米道玉門油田伏牛山脈太上老君伏牛山玄妙観使用人鬧天宮老君像永楽宮太平道北固山

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老君の関連情報