コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あきたこまち アキタコマチ

デジタル大辞泉の解説

あきたこまち

稲の一品種。秋田県冷害と病気に強い「奥羽292号」と「こしひかり」をかけあわせて作られた。昭和59年(1984)同県奨励品種に指定。味がよく、東北から九州まで広く栽培される。秋田31号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

あきたこまち

米の品種のひとつ。秋田県農業試験場で「コシヒカリ」「奥羽292号」の交配により作出。1984年命名。秋田31号。イモチ病などの病気や冷害に強く、食味も良好。北は青森から南は九州まで、幅広い地域で栽培されている。名称は秋田県湯沢市、小野の里の出身とされる小野小町にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

あきたこまち[米麦]

東北地方、秋田県の地域ブランド。
あきたこまちは、1984(昭和59)年、秋田県農業試験場がコシヒカリと奥羽292号を掛け合わせ完成したもの。もちもちとした粘りのある食感が特徴。秋田県の気候に最も適した品種として知られる。コシヒカリやササニシキよりも割安でより美味しいを目指して改良されが、近年ブランド化とともにその値段も上昇した。名前の由来は、絶世の美人とされた小野小町が秋田県湯沢市(旧・雄勝郡雄勝町)生まれとの言い伝えから。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

あきたこまちの関連キーワードあきたこまちラガー秋田県山本郡三種町秋田県由利本荘市秋田県秋田市つがるロマン秋田県横手市大森[町]秋田(市)ほしのゆめ阿部 亀治ゆめあかり冬ごもりはえぬき一滴千両亀の尾飛騨娘米蔵老杉壇蜜楽泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あきたこまちの関連情報