あきたこまち(読み)アキタコマチ

デジタル大辞泉プラスの解説

あきたこまち

米の品種のひとつ。秋田県農業試験場で「コシヒカリ」「奥羽292号」の交配により作出。1984年命名。秋田31号。イモチ病などの病気や冷害に強く、食味も良好。北は青森から南は九州まで、幅広い地域で栽培されている。名称は秋田県湯沢市、小野の里の出身とされる小野小町にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

あきたこまち[米麦]

東北地方、秋田県の地域ブランド。
あきたこまちは、1984(昭和59)年、秋田県農業試験場がコシヒカリと奥羽292号を掛け合わせ完成したもの。もちもちとした粘りのある食感が特徴。秋田県の気候に最も適した品種として知られる。コシヒカリやササニシキよりも割安でより美味しいを目指して改良されが、近年ブランド化とともにその値段も上昇した。名前の由来は、絶世の美人とされた小野小町が秋田県湯沢市(旧・雄勝郡雄勝町)生まれとの言い伝えから。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あきたこまちの関連情報