コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あきたこまち アキタコマチ

2件 の用語解説(あきたこまちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あきたこまち

稲の一品種。秋田県で冷害と病気に強い「奥羽292号」と「こしひかり」をかけあわせて作られた。昭和59年(1984)同県の奨励品種に指定。味がよく、東北から九州まで広く栽培される。秋田31号。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

あきたこまち

米の品種のひとつ。秋田県農業試験場で「コシヒカリ」「奥羽292号」の交配により作出。1984年命名。秋田31号。イモチ病などの病気や冷害に強く、食味も良好。北は青森から南は九州まで、幅広い地域で栽培されている。名称は秋田県雄勝町、小野の里の出身とされる小野小町にちなむ。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あきたこまちの関連情報