コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震建築物 たいしんけんちくぶつearthquake-proof building; earthquake-resistant structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐震建築物
たいしんけんちくぶつ
earthquake-proof building; earthquake-resistant structure

地震により建物構造体に危険が及ぶことなく,損害をある限度以下にとどめ,ある程度の大きさの地震に対しては容易に補修再使用できるようにし,またきわめて大きな地震に対しては人命の安全が確保されるように設計,施工された建築物。各国とも,過去の大地震の被害状況をもとにして,その地域の地震力の最大限度を想定し,耐震設計の規準を決めている。日本では 1923年の関東大震災や 1968年の十勝沖地震など,大きな地震災害が発生するたびに,建築物の耐震基準を定めた法律が改正されてきた。今日では,1978年の宮城県沖地震をきっかけに,1981年に改正された建築基準法にもとづく建物が耐震建築物の基準になっている。建物の耐震性は,地盤,基礎構造,使用材料,建物の構造と規模などの要素が一体として考慮され,方策が研究されている。木造建築の筋かい鉄筋コンクリート造耐震壁は,耐震強化法の例である。さらに,建物のゆれを抑える制震技術(→制震構造)や,建物を地面のゆれから切り離す免震技術(→免震構造)も取り入れられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

耐震建築物の関連キーワード耐震診断

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐震建築物の関連情報