宮城県沖地震(読み)みやぎけんおきじしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮城県沖地震
みやぎけんおきじしん

(1) 1978年6月12日午後5時14分頃に発生したマグニチュードM)7.4の地震。気象庁による正式名称は「1978年宮城県沖地震」。震源は北緯 38°09′,東経 142°10′,深さ40km。仙台,福島,水戸などで震度 5 ,東京,横浜,盛岡,帯広などで震度 4を観測した。被害の概要は,死者 28人,負傷者 1325人,家屋の全壊 1183棟,半壊 5574棟。死者のうち 18人はブロック塀などの倒壊による圧死であった。
(2) 宮城県の沖合いで繰り返し発生する大地震。この海域では,寛政5(1793)年1月7日のM8.2程度の地震以降,1978年6月12日のM7.4の地震まで,6回の M7.5程度の地震がほぼ 40年間隔で起こったことが知られていた。このため地震調査委員会では,近い将来に宮城県地震の発生する確率が高いとして注意していた。東北地方太平洋沖地震が発生する 2日前の 2011年3月9日,この海域付近で M7.3の前震が発生した。その後の本震もこの海域で始まり,M9の巨大地震へとつながった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宮城県沖地震

1978年6月12日、金華山沖南部を震源に起きたマグニチュード7・4の地震。仙台と石巻震度5を観測した。死者28人のうち18人がブロック塀などの倒壊で亡くなった。7千棟を超える住宅が全半壊し、市街地が災害にもろいことが浮き彫りに。81年の建築基準法改正につながり、「震度6強~7でも倒壊しない」耐震性が義務化された。

(2018-07-05 朝日新聞 朝刊 山形・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

みやぎけんおき‐じしん〔‐ヂシン〕【宮城県沖地震】

昭和53年(1978)6月12日、宮城県沖で発生したマグニチュード7.4の地震。宮城県を中心に、山崩れや道路損壊のほか、新興開発地での被害が目立った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宮城県沖地震【みやぎけんおきじしん】

1978年6月12日に発生した,宮城県沖を震源とするマグニチュード(M)7.4の地震。正式には1978年宮城県沖地震。地震の規模は大きくないが,地震振動によって鉄筋の入っていないブロック塀などが倒壊して28人の死者がでた。また6000戸をこえる家屋が全半壊したが,それらの多くが新興住宅地に集中し,宅地造成の工事方法の問題点が明らかになった。さらに仙台の市街地ではガス・水道通信網などの被害が大きく,都市型の地震災害として話題になった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の宮城県沖地震の言及

【地震】より

…869年(貞観11),1611年(慶長16),1677年(延宝5),1896年,1933年の各年に起こったものは特に大きく,沿岸に大津波による大災害をもたらした(三陸沖地震)。これらはM8をこえているが,M7クラスでも海岸に近いと,例えば1978年宮城県沖地震(M7.4)のように,地震動による被害が避けられない。東北地方内陸部から日本海岸の沖合にかけても,1833年(天保4)の庄内沖地震,1896年陸羽地震(M7.2),1983年日本海中部地震(M7.7)など,M7.0~7.7程度の大地震がいくつか知られている。…

【仙台[市]】より

…第2次大戦の戦災により市の中心部を消失したが,1957年の仙塩地域の総合開発特定地域への指定,64年の仙台湾地区の新産業都市への指定を契機に,仙台市は地域開発の拠点および東北地方の中核都市へと発展した。一方,78年6月の宮城県沖地震は,現代都市のもつもろさを浮彫りにした。 仙台市の産業別就業人口比(1990)は,第1次産業1.9%,第2次産業20.5%,第3次産業77%で典型的な消費都市といえる。…

※「宮城県沖地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮城県沖地震の関連情報