コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十勝沖地震 とかちおきじしん

4件 の用語解説(十勝沖地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十勝沖地震
とかちおきじしん

(1) 1952年3月4日午前10時23分頃,十勝沖から釧路沖にかけて発生した地震。マグニチュードM)8.2。震源は北緯 41°42′,東経 144°09′,深さは浅い。十勝から釧路にかけて震度 5~6の強いゆれに襲われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とかちおき‐じしん〔‐ヂシン〕【十勝沖地震】

昭和27年(1952)3月4日、釧路沖を震源として発生した地震。北海道南部・東北北部に被害を及ぼした。マグニチュード8.2。
昭和43年(1968)5月16日、青森県東方沖を震源として発生した地震。津波を伴った被害は青森県を中心に北海道南部・東北地方を襲った。マグニチュード7.9。
平成15年(2003)9月26日、1の地震とほぼ同じ場所を震源として発生した逆断層型プレート境界地震。北海道から東北地方太平洋沿岸に最大約4メートルの津波が発生し、被害を及ぼした。マグニチュード8.0。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

十勝沖地震【とかちおきじしん】

(1)1952年3月4日,北海道南部一帯を襲った激震。震源は東経144°6′,北緯41°48′,マグニチュード8.2。津波を伴い,家屋全壊815,半壊1324,死者・行方不明33人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十勝沖地震
とかちおきじしん

1968年(昭和43)5月16日9時04分ごろ、北海道十勝沖に発生した地震。規模はM7.9。震源の深さは0キロメートルで、太平洋プレート大陸プレートの接触面でおきたと考えられている。津波を伴った被害は青森県を中心に北海道にまで及び、死者・行方不明52人、建物の全半壊3677で、函館(はこだて)大学の一階が圧壊した。また、鉄筋・鉄骨構造に剪断(せんだん)破壊が目だち、構造と地盤の問題が見直されるようになった。これと同じ地域での地震は1762年(宝暦12)、1856年(安政3)と、ほぼ100年間隔で発生している。
 1952年(昭和27)3月4日の地震もM8.1(震源の深さ0キロメートル)と大きいもので、津波を伴った被害は、死者・行方不明33人、全半壊家屋2100余、とくに十勝地方などの泥炭地に被害が大きかった。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の十勝沖地震の言及

【地震】より

…近年では1952年から73年にかけて一連の活動があり,6回の大地震によって全海域が埋まった。このうち1952年十勝沖地震(M8.2),1968年十勝沖地震(M7.9,震源域は青森県沖)の両地震はかなりの被害を伴った。北海道の内陸部は大地震は少ないが,M7.0程度までは起こる。…

※「十勝沖地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

十勝沖地震の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十勝沖地震の関連情報