コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震指針 タイシンシシン

2件 の用語解説(耐震指針の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいしん‐ししん【耐震指針】

建築物などの地震に対する安全性に関する基本的な方針。
《「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の略称》発電用軽水型原子炉安全審査において耐震設計の妥当性を判断する基礎となるもの。原子力委員会が昭和53年(1978)に策定、平成18年(2006)に原子力安全委員会(現原子力規制委員会)が全面改定。これに基づいて既設の原子力発電所に対する耐震安全性確認が行われたが、平成23年(2011)の東日本大震災では国内観測史上最大規模の地震および津波により、福島第一原発放射性物質が漏出する重大事故が発生する事態となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

耐震指針

「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」。原発の建築基準法にあたるもので、地震に対する安全性を検討する基準となる。国が1978年につくり、2006年に初めて全面的に見直した。一律に強度を定めるのでなく、各原発ごとに、最も影響が大きそうな地震を想定。それによる揺れや、津波に耐えるように設計する。旧指針では、津波について明記されていなかった。新指針では、極めてまれだが発生する可能性がある津波への備えとして「重大な影響を受ける恐れがないこと」とした。

(2011-03-25 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐震指針の関連情報