耗羨(読み)こうせん(英語表記)Hao-xian; Hao-hsien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,清代に制度化された税制の一つ,一種の付加税。耗羨は税として徴収した米穀や銀が貯蔵運搬溶解などによって,目減りが起ることを見越し,あらかじめ規定額をこえて余分に税を徴収すること。この慣習官吏私利を満たすため利用されたので,清はこれを防止するため雍正から乾隆初期に耗羨の公認と定額化をはかり,国家収入としたうえで地方公費などに支給する方策をとった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android