コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶律休哥 やりつきゅうかYe-lü Xiu-ge; Yeh-lü Hsiu-ko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶律休哥
やりつきゅうか
Ye-lü Xiu-ge; Yeh-lü Hsiu-ko

[生]?
[没]統和16(998)
中国,の名将。字は遜寧。乾亨1 (979) 年宋の太宗燕雲十六州回復を企図し南京 (現北京) を包囲すると,救援に出軍し,高梁河で宋軍を大破。翌年南面戍兵を指揮して景宗の親征軍に従い,瓦橋関 (河北省たく県) を包囲して宋軍を破り,聖宗即位後は南京留守,南面行営総管となり,南京方面を統治して実績をあげた。統和4 (986) 年宋の太宗が再度北征するとその本軍を岐溝関 (河北省たく県南西) に大破,太宗の北征の意志をくじき,宋国王に封じられた。宋人に最も恐れられた将軍。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

耶律休哥の関連キーワード高階成忠マフムードグレゴリウス5世ヨハネス16世(17世)藤原佐理御堂関白記ガズナ朝カナダベナン御堂関白記

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android