コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶蘇会士日本年報 やそかいしにほんねんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶蘇会士日本年報
やそかいしにほんねんぽう

正しくは『イエズス会日本年報』という。日本イエズス会 (耶蘇会) 宣教師が,巡察使 A.バリニャーノの指示により,ローマのイエズス会総長に提出した年度報告。天正7 (1579) 年にバリニャーノが来日した際,在日宣教師の報告と日本の状況が著しく相違するため,従来の日本通信 (→耶蘇会士日本通信 ) の制度を改革して報告させるようにしたもので,ミアコ (本土) ,シモ (西九州) ,ブンゴ (北九州) の3区に分けて,日本の政情,布教,迫害,殉教のありさまを報じている。このような形式の報告は天正9 (81) 年から寛永3 (1626) 年まで続いた。村上直次郎の邦訳が数種刊行されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

耶蘇会士日本年報の関連キーワードロドリゲス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android