コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶蘇会士日本通信 やそかいしにほんつうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶蘇会士日本通信
やそかいしにほんつうしん

天文 18 (1549) 年 F.ザビエルの鹿児島渡来以後,天正8 (80) 年までに来日した多くの宣教師たちが布教の状況などをインド,ヨーロッパのイエズス会員 (耶蘇会員) に送った書簡集の邦訳に与えた書名。原本は 1598年エボラ刊行の2冊本書簡集で,いわゆる年報形式 (→耶蘇会士日本年報 ) の確立以前の書簡を収めている。イエズス会が設立した学校,病院などの業績,日本国内の出来事などが報告されており,日本の記録の不足を補う貴重な史料。村上直次郎によって『異国叢書』に『耶蘇会士日本通信京畿編』,『長崎叢書』に『耶蘇会士年報第1巻下 (シモ) 編』,『続異国叢書』に『耶蘇会士日本通信豊後編』として訳出され,『新異国叢書』に豊後・下 (シモ) 編が再録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

耶蘇会士日本通信【やそかいしにほんつうしん】

1598年ポルトガルでイエズス会が出版した日本関係書簡集の日本訳書名。《イエズス会士日本通信》とも。日本におけるキリスト教の初期布教の実態と,戦国期の日本社会の諸相を伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やそかいしにほんつうしん【耶蘇会士日本通信】

1598年ポルトガルのエボラで出版された《日本シナ両国を旅行せる耶蘇会のパードレおよびイルマンなどがインドおよびヨーロッパの同会会員に贈った1549年より1580年に至る書簡》,いわゆる《カルタス・ド・ジャポンCartas do Japão》の日本訳の書名。耶蘇会(イエズス会)の耶蘇はJesusの近代中国音訳語〈耶蘇〉を音読みしたもの。村上直次郎による訳書は京畿編上下2巻(《異国叢書》所収),豊後編上下2巻(《続異国叢書》所収),下(しも)編1巻(《長崎叢書》所収)からなり,豊後編と下編を原文に即して再構成したものが《イエズス会士日本通信》2巻(《新異国叢書》所収)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耶蘇会士日本通信の関連キーワードイエズス会日本年報耶蘇会日本年報村上 直次郎フロイス和田惟政モニカビレラ顕如

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android