聊爾(読み)りょうじ

精選版 日本国語大辞典「聊爾」の解説

りょう‐じ レウ‥【聊爾】

〘名〙 (形動)
① 無思慮なこと。軽々しくいいかげんであること。また、そのさま。
※勧修寺家本永昌記裏文書‐(年月日未詳)(鎌倉)宇治河鱣請陳状「依何罪科、可禁獄哉。禁獄之詞、無下爾也」
② ぶしつけで失礼なこと。そそうなこと。また、そのさま。
無名抄(1211頃)「亭主のさる人にていみじうもてなしてことにふれつつ聊爾ならぬ人にはち道を執して」 〔蘇軾‐戯書詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「聊爾」の解説

りょう‐じ〔レウ‐〕【××爾】

[名・形動ナリ]
いいかげんであること。考えのないこと。また、そのさま。
「国の安危の要須これより先なるはなし。これより誰か―に処せん」〈太平記・二四〉
ぶしつけで失礼なこと。また、そのさま。
「さて只今の山伏たちに―を申して」〈安宅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例