コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖兼 しょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖兼 しょうけん

1242-1293 鎌倉時代の僧。
仁治(にんじ)3年生まれ。近衛家実(いえざね)の子。東大寺東南院で三論をおさめ,定済(じょうさい)について密教をまなぶ。東大寺別当を2回つとめ,正応(しょうおう)2年醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)となった。永仁(えいにん)元年9月11日死去。52歳。通称は阿弥陀院大僧正

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

聖兼の関連キーワード鎌倉時代仁治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android