聖化(読み)セイカ

デジタル大辞泉の解説

せい‐か〔‐クワ〕【聖化】

キリスト教で、聖霊の働きによって人間が罪から救われ、神の聖性にあずかり、聖なるものとされること。カトリックでは成聖という。
帝王徳化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいか【聖化】

( 名 ) スル
キリスト教で、聖霊によって人間の罪や汚れがきよめられ、キリストの徳をめざして倫理的・信仰的により高い次元へ上昇すること。また、その過程。カトリック教会では成聖という。
帝王の徳化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐か ‥クヮ【聖化】

〘名〙
① 帝王の徳化。しょうか。
※貴嶺問答(1185‐90頃)一二月四日「明詔。聖化。天恩」
※太平記(14C後)一八「義貞が忠心をも助られ皇統の聖化(セイクヮ)を耀され候へかし」 〔漢書‐劉向伝〕
キリスト教で、「きよめ」のこと。人を汚れと罪から救い、神の生命にあずからせる恵みを与える聖霊のわざをいう。成聖
③ 神聖なものとすること。尊厳でおかし難いものと考えること。
※「戦争と平和」論(1947)〈本多秋五〉三「無条件的な目的は無条件的に手段を聖化するだらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の聖化の言及

【義認】より

…パウロの《ローマ人への手紙》3~6章によれば,救いは神によって義と認められることに始まり,さらに聖(きよ)くされることへと導かれる。これを〈義認〉と〈聖化〉といい,ラテン語ではjustificatioとsanctificatioと呼ばれる。カトリックがこれを成義と成聖と訳しているのは,救いが形をとって実現することに重点をおいて考えているからである。…

【救い】より

…しかし救いの根拠が神の預定にあることも強調されている。ルターは教会の中に固定された制度を破って〈信仰のみ〉による救いの道を示したが,近代のプロテスタント教会では〈義認〉と〈聖化〉の関係が大きな問題であった。ピューリタニズムと敬虔主義においては,〈聖化〉とは神の見えざる預定と選びを見える仕方で実現するもので,これによって〈神の国〉の理念を社会的・倫理的に実現しようとした。…

※「聖化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖化の関連情報