コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清め/浄め キヨメ

デジタル大辞泉の解説

きよめ【清め/浄め】

よごれを除き、清浄にすること。
「まだ―もやらぬ火皿のマッチ巻莨(シガー)の骸(から)と共に」〈蘆花不如帰
罪やけがれなどの不浄を取り除くこと。また、その役割をするもの。「―の」「お―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きよめ【清め】

〔動詞「清める」の連用形から〕
清浄にすること。罪やけがれをはらいきよめること。 「 -の水」 「お-」
掃除。きれいにすること。 「この侍、-すとて/宇治拾遺 12
不浄のものをとり片付けた者。 「 -が家のありけるに入りにけり/今物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の清め/浄めの言及

【塩】より

… 塩はまた,とりわけ聖書において高い象徴性をもって語られている。そこでは神と人との間に不壊(ふえ)にして聖なるきずなが〈塩の契約〉ということばで表され(《民数記》18:19,《歴代志》下13:5など),ヤハウェ自身が供物に塩を加えることを命じ(《レビ記》2:13,《エゼキエル書》43:24),さらに塩によって悪しき水を清め,死と流産の穢(けがれ)をはらう(《列王紀》下2:20)ことが述べられている。新約聖書の有名な一句〈汝らは地の塩なり〉も以上のような旧約における不変の契り,神の食物,浄化力の象徴としての塩のイメージが重層的に内面化されたものとして読むことができよう。…

※「清め/浄め」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

清め/浄めの関連キーワード清め塩・清めの塩帰家修祓の儀盛り塩・盛塩夏越しの節供斎場・斎庭粿米・淅米卯月の忌み御裳濯川化粧立ち納棺の儀土砂加持寒垢離清し女謡初め御土砂洗い米法の雨御洗米番立清拭

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android