コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳化 トッカ

デジタル大辞泉の解説

とっ‐か〔トククワ〕【徳化】

[名](スル)徳によって感化すること。また、徳に感化されること。「民衆を徳化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とっか【徳化】

( 名 ) スル
徳によって教化すること。徳に感化されてよくなること。 「師によって-される」 「世は遂に彼に由りて-美化せられざる也/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徳化の関連キーワード禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆德・瀆・匿・得・徳・特・督・禿・篤エイナウディ建武式目条々鴻化・洪化王道・覇道大理(市)中華思想天桂伝尊クラーク小倉三省沢木興道新井石禅神道大教綏遠事件徳化窯渡来人扶桑教王化九江

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android