コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳化 トッカ

デジタル大辞泉の解説

とっ‐か〔トククワ〕【徳化】

[名](スル)徳によって感化すること。また、徳に感化されること。「民衆を徳化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とっか【徳化】

( 名 ) スル
徳によって教化すること。徳に感化されてよくなること。 「師によって-される」 「世は遂に彼に由りて-美化せられざる也/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徳化の関連キーワード禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆德・瀆・匿・得・徳・特・督・禿・篤エイナウディ建武式目条々鴻化・洪化大理(市)王道・覇道中華思想クラーク小倉三省沢木興道天桂伝尊新井石禅神道大教綏遠事件徳化窯渡来人扶桑教王化九江

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android