コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖応 しょうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖応 しょうおう

?-1787 江戸時代中期の僧。
真言宗。密教,国書,儒学をおさめる。晩年,摂津生国魂(いくくにたま)神社(大阪府)の社僧となり,持宝院の住持をつとめた。天明7年4月29日死去。享年七十余歳。号は胡蝶(こちょう)庵。著作に「神道弁惑」「胡蝶庵随筆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

聖応の関連キーワード十八大師大念仏寺諸岳奕堂来迎院真言宗関山良忍

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖応の関連情報