コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖応 しょうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖応 しょうおう

?-1787 江戸時代中期の僧。
真言宗。密教,国書,儒学をおさめる。晩年,摂津生国魂(いくくにたま)神社(大阪府)の社僧となり,持宝院の住持をつとめた。天明7年4月29日死去。享年七十余歳。号は胡蝶(こちょう)庵。著作に「神道弁惑」「胡蝶庵随筆」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖応の関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象アメリカ合衆国憲法合衆国憲法修正第2条二宮金次郎(尊徳)朝日新聞・全国自治体議会アンケート

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖応の関連情報