コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖武親征録 せいぶしんせいろくSheng-wu-qin-zheng-lu; Shêng-wu hsin-chêng-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖武親征録
せいぶしんせいろく
Sheng-wu-qin-zheng-lu; Shêng-wu hsin-chêng-lu

モンゴルの歴史書。撰者未詳。1巻。モンゴルの太祖チンギス・ハン,太宗オゴデイについての物語を漢文で簡単に書いた記録で,『元史』の太祖,太宗本紀の原典

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶしんせいろく【聖武親征録 Shèng wǔ qīn zhēng lù】

モンゴル帝国に関する元代にまとめられた史書。1巻。著者不明。チンギス・ハーンの誕生からモンゴル帝国建設までと即位後の治世,オゴタイ・ハーンの治世に関して,漢文で年代記としてまとめてある。内容的に《元朝秘史》とかなり異なり,《元史》の太祖本紀やラシード・アッディーンの《集史》のチンギス・ハーン紀と多く一致する。モンゴル帝国史に関する重要文献の一つ。【吉田 順一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

聖武親征録の関連キーワードモンゴル帝国

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android