コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京壁 きょうかべ

大辞林 第三版の解説

きょうかべ【京壁】

京都を中心に発達した壁の上塗り技法。また、その技法で仕上げた壁。聚楽じゆらく土・九条土・稲荷土などの色土を用いる。西京壁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きょうかべ【京壁】

日本の伝統的な塗り壁の一つ。きめが細かい上質な砂状に仕上げた土壁。本来は京都郊外で産出した聚楽(じゅらく)土・九条土・稲荷土などの色土を用いたものをいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京壁
きょうかべ

京都を中心に発達した土壁上塗り技法の総称。西京壁(さいきょうかべ)とよぶこともある。京都は数寄屋(すきや)建築発祥の地で、これに用いる土壁上塗りの材料もおのずからこの付近から求められ、磨大津、土物砂壁水ごねなどの高級な技術が生まれた。京都で得られる著名な色土には、茶褐色の聚楽土(じゅらくつち)(聚楽第址(し)を中心とする地区)、黒色の九条土(京都市南郊)、黄色系の稲荷(いなり)土(伏見(ふしみ)稲荷大社南東方地区)などがあるが、市街化の進行によって稲荷土以外の採掘は困難になっている。最近は繊維壁材などの工場製品により京壁に倣った仕上げを得ている。[山田幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

京壁の関連キーワード新京壁塗り聚楽土聚楽壁聚楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android