聴叫(読み)チンキョウ

大辞林 第三版の解説

ちんきょう【聴叫】

〔「ちん」は唐音〕
禅寺で、住持のそばに仕え、命令を諸寮に伝える童子。聴呼ちんこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐きょう チャウケウ【聴叫】

ちん‐きょう ‥ケウ【聴叫】

〘名〙 (「ちん」は「聴」の唐宋音) 禅寺で使われる奴僕や童子。聴呼(ちょうこ)。ちょうきょう。
※新札往来(1367)下「典座・副寺・直歳等之知事、皆々可御同道候。例之聴叫、可召具候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android