直歳(読み)しっすい

  • ▽直▽歳

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しっ」「すい」はそれぞれ「直」「歳」の唐宋音) 仏語。禅宗で、一年交替で、寺内の修理、什器の整理、田園などの管理にあたる職。また、その役僧。六知事の一つ。
※正法眼蔵(1231‐53)安居「某国某州某山寺、今夏結夏、海衆戒臘如後〈略〉某甲直歳」 〔勅修百丈清規‐下一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の直歳の言及

【荘主】より

…すなわち禅院内を教学方面の西班と経済関係の東班に分かち,寺院の経理や荘園経営は東班の禅僧に行わせた。東班の最高位を都聞(つうぶん)または都官と呼び,その下に都寺(つうす),監寺(かんす),副寺(ふうす),維那(いのう),典座(てんぞ),直歳(しつすい)の六知事を置いて,これらの禅僧を東班衆と総称した。中国では副寺の下に現地の経営者である荘主がおり,荘主もまた都荘と副荘に分かれ,その下に諸荘監収がおり,甲幹荘甲(日本の名主に相当)を支配し,最下層に耕作民たる佃戸(でんこ)が位置した。…

※「直歳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android