コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職貢図 しょくこうず

百科事典マイペディアの解説

職貢図【しょくこうず】

中国の風俗画。職貢は中央政府へのみつぎものの意。梁の蕭繹(しょうえき)(のち即位して元帝となる)が刺史として荊州にいた539年ごろ,当時の外国人使節の貢献のさまを筆録したものに始まるとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくこうず【職貢図 zhí gòng tú】

中国の風俗画。職貢は中央政府におさめられるみつぎものの意。もと諸国の習俗,服飾,形勢を記録する政治的目的であったものが,異国の風俗画へと変わった。南朝梁の元帝蕭繹(しようえき)が539年(大同5)ころ,父武帝への朝貢を写したのに始まるという。最古の遺例として1077年(熙寧10)の模本(南京博物院)があり,最長の例として清謝遂筆の4巻,計6435.6cmがある。《貢馬図》《回紇進宝図》などはその派生的画題である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android