コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職貢図 しょくこうず

2件 の用語解説(職貢図の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

職貢図【しょくこうず】

中国の風俗画。職貢は中央政府へのみつぎものの意。梁の蕭繹(しょうえき)(のち即位して元帝となる)が刺史として荊州にいた539年ごろ,当時の外国人使節の貢献のさまを筆録したものに始まるとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょくこうず【職貢図 zhí gòng tú】

中国の風俗画。職貢は中央政府におさめられるみつぎものの意。もと諸国の習俗,服飾,形勢を記録する政治的目的であったものが,異国の風俗画へと変わった。南朝梁の元帝蕭繹(しようえき)が539年(大同5)ころ,父武帝への朝貢を写したのに始まるという。最古の遺例として1077年(熙寧10)の模本(南京博物院)があり,最長の例として清謝遂筆の4巻,計6435.6cmがある。《貢馬図》《回紇進宝図》などはその派生的画題である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

職貢図の関連キーワード金俊根首都調帳直隷南蛮屏風風俗画中央政府清明上河刑部垂麿

職貢図の関連情報