コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉合研出蒔絵 ししあいとぎだしまきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肉合研出蒔絵
ししあいとぎだしまきえ

蒔絵技法の一種。高蒔絵研出蒔絵を併用したもの。山や堤などの文様を施す際,錆漆 (さびうるし) で肉を盛上げ,下蒔きを施し,上から透漆 (すきうるし) をかけ肉合に応じてとぎ出す。蒔絵技法中最も工程が複雑なもの。徳川美術館蔵の『初音蒔絵三棚』はこの技法応用の代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

肉合研出蒔絵【ししあいとぎだしまきえ】

蒔絵

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android