コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲霞 ウンカ

デジタル大辞泉の解説

うん‐か【雲×霞】

雲と霞(かすみ)。
大ぜいの人が群がり集まるたとえ。「雲霞のごとく押し寄せる」

くも‐かすみ【雲×霞】


雲を霞(かすみ)と」に同じ。
軍勢などの多いこと。うんか。
「既に、東武士ども、―の勢ひをたなびき上る由聞こゆれば」〈増鏡・むら時雨〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うんか【雲霞】

雲と霞かすみ
雲か霞のように見えるほど、人が大勢集まっていること。 「 -の如き敵の大軍」

くもかすみ【雲霞】

雲と霞。
雲を霞(「雲」の句項目) 」に同じ。 「 -と逃げる」
軍勢などの数の多いたとえ。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雲霞の関連キーワード云・吽・暈・蘊・運・雲太鼓音智勇三略雲霧となるウンカ浮塵子霞が関居回り集う群集墨隈繞囲大軍

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲霞の関連情報