雲霞(読み)くもかすみ

精選版 日本国語大辞典「雲霞」の解説

くも‐かすみ【雲霞】

〘名〙
※源氏(1001‐14頃)若菜上「『いまは』とてかきこもり、さるはるけき山の雲かすみにまじり給ひにしむなしき御跡はとまりて」
② 人が非常に速くかけて行くこと。とくに、逃げて行方をくらますことの速いさまをいう。
※歌舞伎・桑名屋徳蔵入船物語(1770)三「雲霞に舁(か)いて行きをる」
軍勢などのの多いことをたとえていう語。
※水鏡(12C後)中「こなたかなたのいくさ、くもかすみのごとくにしてその数をしらず」

うん‐か【雲霞】

〘名〙 (「霞」は本来は「朝焼け、夕焼け雲」の意)
① 雲とかすみ。
※明衡往来(11C中か)下末「八月十五夜雲霞若晴、忝可光儀」 〔謝霊運‐石壁精舎還湖中作
② 大衆、兵士など、人の多く群がり集まるさまをたとえていう語。
※太平記(14C後)一四「彼の逆徒等、雲霞の勢を以って押し寄する間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雲霞」の解説

くも‐かすみ【雲×霞】


雲をかすみ」に同じ。
軍勢などの多いこと。うんか。
「既に、東武士ども、―の勢ひをたなびき上る由聞こゆれば」〈増鏡・むら時雨〉

うん‐か【雲×霞】

雲とかすみ
大ぜいの人が群がり集まるたとえ。「雲霞のごとく押し寄せる」
[類語](1ガススモッグ朝霞夕霞春霞煙霞2群集群衆人出人だかり人垣黒山人波行列人通り野次馬勢ぞろい烏合群れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「雲霞」の解説

【雲霞】うんか

雲と霞。南朝宋・謝霊運〔石壁精舎~〕詩 林壑(りんがく)、暝色を斂(をさ)め 雲霞、夕霏を收む

字通「雲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android