コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

股野琢 またの たく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

股野琢 またの-たく

1838-1921 幕末-大正時代の儒者,官僚。
天保(てんぽう)9年8月21日生まれ。股野達軒(たっけん)の子。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩につかえ,維新後は帝室博物館総長,宮中顧問官などを歴任。大正10年10月13日死去。84歳。字(あざな)は子玉。号は藍田,邀月楼主人。著作に「邀月楼存稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

股野琢の関連キーワード股野藍田大正時代儒者天保

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android