肥塚竜(読み)こいづか りゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

肥塚竜 こいづか-りゅう

1848-1920 明治-大正時代の政治家。
弘化(こうか)5年1月10日生まれ。中村正直にまなび,東京横浜毎日新聞社に入社。明治15年沼間守一(ぬま-もりかず)らと立憲改進党の結成に参加。27年衆議院議員(当選8回,憲政会)。農商務省鉱山局長,東京府知事,衆議院副議長を歴任。愛国生命保険などの役員もつとめた。大正9年12月3日死去。73歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

肥塚竜

没年:大正9.12.3(1920)
生年:嘉永1.1.10(1848.2.14)
明治時代のジャーナリスト,政治家。播磨(兵庫県)揖保郡中島村に生まれる。父は和助,母はキミ。一時期僧籍に入ったが還俗。明治5(1872)年に上京。8年6月に大内青巒らの『東京曙新聞』,同年12月『横浜毎日新聞』の記者・編集者となった。10年に病気のため退社。11年,沼間守一の嚶鳴社の結成に参加し,自由民権運動を展開。12年『東京横浜毎日新聞』(『横浜毎日新聞』の改題)に再び参加し,国会の即時開設などを主張した。15年,立憲改進党の結党に沼間,島田らと参画。15年神奈川県会議員,25年東京市会議員・同参事会員,27年衆院議員,30年松隈内閣で農商務省鉱山局長,31年隈板内閣で東京府知事,衆院副議長(1908~12)を歴任した。<著作>『横浜開港50年史』全2巻,肥塚麒一編『肥塚竜自叙伝』<参考文献>松尾章一『増補・改訂 自由民権思想の研究』

(井川充雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こいづかりゅう【肥塚竜】

1848‐1920(嘉永1‐大正9)
明治・大正期の政治家,実業家。兵庫に生まれ上京,中村正直の小石川同人社に入り自由思想を培う。1878年嚶鳴(おうめい)社に参加。また《東京横浜毎日新聞》に入り,自由民権論を唱えた。82年立憲改進党の創立に参加,94年より衆議院議員となり,松隈(松方大隈)内閣期に農商務省鉱山局長,隈板(大隈・板垣)内閣期に東京府知事を務めた。実業界においては秀英社監査役,愛国生命保険会社重役,日本キネトホン社長を務めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android