コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肱川嵐/肱川あらし ヒジカワアラシ

デジタル大辞泉の解説

ひじかわ‐あらし〔ひぢかは‐〕【×肱川嵐/×肱川あらし】

愛媛県西部を流れる肱川に沿って、上流の大洲(おおず)盆地で発生した霧が強風とともに流れ下る現象のこと。10月~3月の朝に起こる。冬型の気圧配置がゆるみ、大洲盆地瀬戸内海との気温差が大きく、海上で上昇気流が生じ、満潮によって温かい海水が川に流れ込むなどの条件下で発生する。川の両側に山が迫っている地形も重要で、大規模なものは霧が沖合に向かって扇形に流れ広がる。肱川颪(おろし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

肱川嵐/肱川あらしの関連キーワード長浜(愛媛県)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android