コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肱川嵐/肱川あらし ヒジカワアラシ

1件 の用語解説(肱川嵐/肱川あらしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひじかわ‐あらし〔ひぢかは‐〕【×肱川嵐/×肱川あらし】

愛媛県西部を流れる肱川に沿って、上流の大洲(おおず)盆地で発生した霧が強風とともに流れ下る現象のこと。10月~3月の朝に起こる。冬型の気圧配置がゆるみ、大洲盆地瀬戸内海との気温差が大きく、海上で上昇気流が生じ、満潮によって温かい海水が川に流れ込むなどの条件下で発生する。川の両側に山が迫っている地形も重要で、大規模なものは霧が沖合に向かって扇形に流れ広がる。肱川颪(おろし)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone