コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背高鷸 セイタカシギ

大辞林 第三版の解説

せいたかしぎ【背高鷸】

チドリ目セイタカシギ科の鳥の総称。脚が非常に長く、水辺にすむ。
セイタカシギの一種。脚がきわめて長く、全長約38センチメートルのうち3分の2をこえる。背面は光沢ある黒色、腹面は白色、脚は淡紅色。日本へは旅鳥として春秋に少数が渡来。近年、愛知県・千葉県で繁殖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

背高鷸 (セイタカシギ)

学名:Himantopus himantopus
動物。セイタカシギ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

背高鷸の関連キーワード愛知県千葉県一種繁殖背面旅鳥腹面総称水辺白色

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android