コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡麻胴乱 ゴマドウラン

デジタル大辞泉の解説

ごま‐どうらん【×胡麻胴乱】

江戸で文化文政期(1804~1830)に流行した菓子。小麦粉にゴマをまぜて水でこね、焼き膨らませたもの。中が胴乱のように空洞になっていた。
外見はよいが内容のない人をあざけっていった言葉。見かけ倒し。
「底なしといった男より、十段も低い―めが」〈滑・阿多福仮面〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごまどうらん【胡麻胴乱】

駄菓子の一。小麦粉に胡麻をまぜて焼きふくらましたもの。中が空洞になっている。
外見だけで内容の伴わないもの。みかけだおし。 「 -めがむしやうにうぬぼれ/滑稽本・当世阿多福仮面」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胡麻胴乱の関連キーワード胴乱

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android