コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡麻胴乱 ゴマドウラン

デジタル大辞泉の解説

ごま‐どうらん【×胡麻胴乱】

江戸で文化文政期(1804~1830)に流行した菓子。小麦粉にゴマをまぜて水でこね、焼き膨らませたもの。中が胴乱のように空洞になっていた。
外見はよいが内容のない人をあざけっていった言葉。見かけ倒し。
「底なしといった男より、十段も低い―めが」〈滑・阿多福仮面〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごまどうらん【胡麻胴乱】

駄菓子の一。小麦粉に胡麻をまぜて焼きふくらましたもの。中が空洞になっている。
外見だけで内容の伴わないもの。みかけだおし。 「 -めがむしやうにうぬぼれ/滑稽本・当世阿多福仮面」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胡麻胴乱の関連キーワード胴乱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android