コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴乱 どうらん

5件 の用語解説(胴乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胴乱
どうらん

(1) 薬や印などを入れて腰に下げる長方形の袋。江戸時代初期に鉄砲の弾丸入れとして用いられたのが始り。最初は革,のちには羅紗などの布で作られたが,明治初期には再び革製が流行して,手さげ胴乱,肩掛け胴乱も作られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐らん【胴乱/筒卵】

皮または布製の四角の袋で、印章や薬などを入れて腰に下げるもの。もと、鉄砲の弾丸を入れるのに用いた。
採集した植物を入れて持ち歩く円筒状の容器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうらん【胴乱】

革製の方形をした小袋。古くは筒卵,銃卵とも書いた。語源は定かでないが,《日葡辞書》(1603)に〈火薬や弾丸などを入れるのに用いる皮製の袋〉と記され,《雑兵物語》にも〈胴乱の早合(はやごう)〉とあり,元来は鉄砲の弾丸入れで腰にさげていた。喫煙の風習が広まると火打石タバコ入れ,さらには印判,薬入れとしても使われるようになった。幕末に各藩で洋式調練が行われるようになると,オランダ兵のパトローンタスをまねた肩掛胴乱,負皮(おいかわ)胴乱が兵士の間で流行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうらん【胴乱】

植物採集用の円筒形や長方形の入れ物。
薬・印・銭・煙草などを入れて腰に下げる革製の袋。もと、鉄砲の弾丸・早合はやごう・火薬などを入れるのに用いたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胴乱
どうらん

袋物の一種。江戸時代初期、鉄砲足軽の早合(はやごう)という火薬入れにこの名称をつけたのに始まるといわれる。のち胴乱はたばこ入れ、銭入れとして用いられた。形態は小形の長方形の革製品であったが、これが大形化してなんでも入れられる携行具となり、これを大胴乱といった。江戸末期になって、仏教思想の影響から四つ足動物を殺すことが非道とされ、胴乱の材料にも、木材、経木、コリヤナギ、織布などが用いられた。明治に入ると、外来文化の影響を受けて鞄(かばん)類が注目されるようになり、手提げ鞄を手胴乱、肩に掛けるものを肩掛け胴乱とよんだ。[遠藤 武]

植物採集用具としての胴乱

普通はブリキ製で長さ40センチメートルから50センチメートルの卵筒形、楕円錐(だえんすい)形などの形をしている。外部は灰色か緑色で、内部は小形の植物を見失わないために白色に塗ってあるものも多いが、なかには内部の一端を小区画に仕切って、小形植物やコケなどを入れることができるようになっているものなどもある。野外で採集したものを生きたままで持ち帰るのには便利であるが、外見の大きさに比べて容量が少ないことなどの欠点があるため、最近ではビニル袋や防水布などを利用することが多い。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の胴乱の言及

【かばん(鞄)】より

…漢字の鞄は元来なめし革・革なめし職人を指す。 日本では江戸時代から腰に提げたり,差したりして使う胴乱と呼ばれる物入れ(袋物)が存在し,男性のあいだで流行していた。材質は布製が主で,革製は一部の馬工具や馬具師などの職人が作り,高級品であった。…

【袋物】より

…発火器としての燧袋は,匂袋(においぶくろ)とともに腰さげ袋として古くから用いられ,のち金銭や薬品を入れるようになり,鎌倉時代には巾着(きんちやく)の発生をみた。 貨幣経済の発達は金銭携行のための袋物を発達させ,江戸時代には早道(はやみち)(銭入れ,タバコ入れに用いる),胴乱,一つ提(さげ)(タバコ入れの一種で,きせる筒を離し,タバコ入れのみに緒などをつけた袋),藩札入れ,燕口(つばくらぐち)(口を開くとツバメの口のような形になる携帯用の袋)が用いられることになり,タバコの伝来に伴う喫煙の風習は半月,腰差,叭(かます),火の用心,袂落(たもとおとし)等のタバコ入れを生んだ。また,上下一般が鼻紙を用いるようになって懐中物の鼻紙袋ができ,これに鏡,ようじ,小銭を入れる仕掛けをつくって三徳ととなえ,女子の愛用するところとなり,筥迫(はこせこ)に近づいていった。…

※「胴乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胴乱の関連キーワード魚籃小袋桟瓦梯立て方鏡水枡かん(桿)菌銃卵革製パッド (leather pad)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胴乱の関連情報