コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胤じょう いんじょう Yin-reng; Yün-jêng

1件 の用語解説(胤じょうの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胤じょう
いんじょう
Yin-reng; Yün-jêng

[生]康煕13(1674)
[没]雍正2(1724)
中国,清朝の康煕帝の次子。允じょうとも書く。生母はヘシェリ (赫舎里) 氏仁皇后。皇后が胤じょうを産んですぐ死んだこともあり,康煕帝は皇子を寵愛し,2歳で皇太子とした。のちに康煕帝の北征に際しては監国の地位につき,また南北の巡行もともにするなど重用されたが,やがて皇太子を中心とする党派ができ,さらにクーデターの陰謀もあったとして康煕 47 (1708) 年に廃された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胤じょうの関連キーワード郎世寧康熙・康煕康熙字典・康煕字典康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.《雍正会典》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone