胤じょう(読み)いんじょう(英語表記)Yin-reng; Yün-jêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胤じょう
いんじょう
Yin-reng; Yün-jêng

[生]康煕13(1674)
[没]雍正2(1724)
中国,清朝の康煕帝の次子。允じょうとも書く。生母はヘシェリ (赫舎里) 氏仁皇后。皇后が胤じょうを産んですぐ死んだこともあり,康煕帝は皇子を寵愛し,2歳で皇太子とした。のちに康煕帝の北征に際しては監国の地位につき,また南北の巡行もともにするなど重用されたが,やがて皇太子を中心とする党派ができ,さらにクーデターの陰謀もあったとして康煕 47 (1708) 年に廃された。翌年許されて復位したが,再び同 51年に廃位され,宮中の咸安宮に幽閉されてそのまま没した。康煕帝を継いだ雍正帝は皇太子胤じょうをめぐる党派争いに懲りて,以後,皇太子は決定するが,その名を公表しない皇太子密建法を行うこととした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android