コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能因法師 のういんほうし

1件 の用語解説(能因法師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能因法師
のういんほうし

[生]永延2(988).京都
[没]?
平安時代中期の歌人。俗名,橘永 愷 (ながやす) 。出家して融因と名のったが,のち能因と称した。永承5 (1050) 年に生存,天喜末年 (58) 頃没。藤原長能 (ながよし) に師事して和歌を習い,万寿2 (25) 年には東北地方を旅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能因法師の関連キーワード永延没・歿勃・歿・没三角数最円永平親王源忠清(1)明懐Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone