コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能因法師 のういんほうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能因法師
のういんほうし

[生]永延2(988).京都
[没]?
平安時代中期の歌人。俗名,橘永 愷 (ながやす) 。出家して融因と名のったが,のち能因と称した。永承5 (1050) 年に生存,天喜末年 (58) 頃没。藤原長能 (ながよし) に師事して和歌を習い,万寿2 (25) 年には東北地方を旅した。『後拾遺集』に 31首入集。死に際して,その和歌の草稿を地中に埋めたともいわれる。和歌集『玄々集』を撰。歌学書『歌枕』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

能因法師の関連キーワード小倉百人一首後拾遺和歌集高槻(市)白河関跡藤原節信白河関象潟

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android