コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原長能 ふじわらの ながよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原長能 ふじわらの-ながよし

949?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
天暦(てんりゃく)3年?生まれ。藤原倫寧(ともやす)の子。母は源認の娘。「蜻蛉(かげろう)日記」作者(藤原道綱の母)の弟。従五位上,伊賀守(いがのかみ)となる。中古三十六歌仙のひとりで,勅撰集には「拾遺和歌集」以下に五十数首。能因を門人とし,これが歌道師資相承のはじめという。名は「ながとう」ともよむ。家集に「長能集」。

藤原長能 ふじわらの-ながとう

ふじわらの-ながよし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原長能

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天暦3?(949)
平安時代の歌人。「ながよし」と読む説もある。父は藤原倫寧,母は刑部大輔源認 の娘。藤原道綱母の弟。蔵人などを経て従五位上伊賀守に至る。歌人として多くの歌合に出詠。特に花山天皇には,その出家後も側近として仕え,『拾遺集』の編集にも関与したと考えられている。能因の和歌の師となったが,これはのちに,歌道における師資相承のはじまりとされた。藤原公任に自作を非難され,病を発して死去したとの説話も伝えられる。その歌風には技巧にとらわれない清新なものがあり,次代の新風への道を開いたとされる。『拾遺集』以下の勅撰集に52首が入集

(山本登朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の藤原長能の言及

【拾遺和歌集】より

…《拾遺集》と略称する。撰者は明らかでないが,花山院(花山天皇)が藤原長能(ながよし),源道済(みちなり)ら近臣の歌人たちの助力を得て撰集したものか。成立年時も明確でなく,1007年(寛弘4)までに成ったと推定され,花山院晩年の和歌愛好の産物らしい。…

※「藤原長能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原長能の関連キーワード後拾遺和歌集古本説話集大江嘉言曾禰好忠能因法師玄々集紫野没年

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android