コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原長能 ふじわらの ながよし

3件 の用語解説(藤原長能の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原長能 ふじわらの-ながよし

949?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
天暦(てんりゃく)3年?生まれ。藤原倫寧(ともやす)の子。母は源認の娘。「蜻蛉(かげろう)日記」作者(藤原道綱の母)の弟。従五位上,伊賀守(いがのかみ)となる。中古三十六歌仙ひとりで,勅撰集には「拾遺和歌集」以下に五十数首。能因を門人とし,これが歌道の師資相承のはじめという。名は「ながとう」ともよむ。家集に「長能集」。

藤原長能 ふじわらの-ながとう

ふじわらの-ながよし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原長能

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天暦3?(949)
平安時代の歌人。「ながよし」と読む説もある。父は藤原倫寧,母は刑部大輔源認 の娘。藤原道綱母の弟。蔵人などを経て従五位上伊賀守に至る。歌人として多くの歌合に出詠。特に花山天皇には,その出家後も側近として仕え,『拾遺集』の編集にも関与したと考えられている。能因の和歌の師となったが,これはのちに,歌道における師資相承のはじまりとされた。藤原公任に自作を非難され,病を発して死去したとの説話も伝えられる。その歌風には技巧にとらわれない清新なものがあり,次代の新風への道を開いたとされる。『拾遺集』以下の勅撰集に52首が入集。

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原長能の言及

【拾遺和歌集】より

…《拾遺集》と略称する。撰者は明らかでないが,花山院(花山天皇)が藤原長能(ながよし),源道済(みちなり)ら近臣の歌人たちの助力を得て撰集したものか。成立年時も明確でなく,1007年(寛弘4)までに成ったと推定され,花山院晩年の和歌愛好の産物らしい。…

※「藤原長能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原長能の関連キーワード恵慶打ち麻やし醜屋長与羽触れおぼと・る永吉依知秦永吉依知秦長吉上毛野永世

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone