コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄々集 ゲンゲンシュウ

3件 の用語解説(玄々集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんげんしゅう〔ゲンゲンシフ〕【玄々集】

平安中期の私撰和歌集。1巻。能因(のういん)撰。永承年間(1046~1053)の初めごろに成立。一条天皇から後朱雀(ごすざく)天皇までの間の秀歌160余首を作者別に収める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんげんしゅう【玄々集】

歌集。一巻。能因撰。1045~46年頃成立。歌の師である藤原長能をはじめ道綱母ら能因と関連の深い九二人の秀歌を集めた私撰集。能因玄々集。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄々集
げんげんしゅう

平安中期の私撰(しせん)集。能因撰。寛徳(かんとく)年間(1044~46)以後まもなくの成立。能因の生存時に重なる歌人92名の作者別秀歌撰で、167首からなる。紀貫之(きのつらゆき)の『新撰和歌』や藤原公任(きんとう)の『三十六人撰』などの先行書からの影響が考えられる。入集(にっしゅう)歌数の多い歌人は、藤原長能(ながよし)(10首)、藤原道綱母(みちつなのはは)(7首)、藤原公任、赤染衛門(あかぞめえもん)、和泉(いずみ)式部(6首)などである。総じて能因の和歌鑑賞眼の的確さを示しており、『後拾遺(ごしゅうい)集』の編者藤原通俊(みちとし)は、撰集資料としてこれを敬して遠ざけたが、後の勅撰集『金葉集』『詞花(しか)集』の重要な資料源となった。[川村晃生]
『川村晃生著『能因法師集・玄々集とその研究』(1979・三弥井書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄々集の関連キーワード私撰集二十一代集私撰和歌集拾遺抄続後撰和歌集新後撰和歌集新拾遺和歌集新撰和歌集万代和歌集孚子内親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone