コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄々集 ゲンゲンシュウ

大辞林 第三版の解説

げんげんしゅう【玄々集】

歌集。一巻。能因撰。1045~46年頃成立。歌の師である藤原長能をはじめ道綱母ら能因と関連の深い九二人の秀歌を集めた私撰集。能因玄々集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄々集
げんげんしゅう

平安中期の私撰(しせん)集。能因撰。寛徳(かんとく)年間(1044~46)以後まもなくの成立。能因の生存時に重なる歌人92名の作者別秀歌撰で、167首からなる。紀貫之(きのつらゆき)の『新撰和歌』や藤原公任(きんとう)の『三十六人撰』などの先行書からの影響が考えられる。入集(にっしゅう)歌数の多い歌人は、藤原長能(ながよし)(10首)、藤原道綱母(みちつなのはは)(7首)、藤原公任、赤染衛門(あかぞめえもん)、和泉(いずみ)式部(6首)などである。総じて能因の和歌鑑賞眼の的確さを示しており、『後拾遺(ごしゅうい)集』の編者藤原通俊(みちとし)は、撰集資料としてこれを敬して遠ざけたが、後の勅撰集『金葉集』『詞花(しか)集』の重要な資料源となった。[川村晃生]
『川村晃生著『能因法師集・玄々集とその研究』(1979・三弥井書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

玄々集の関連キーワード能因法師藤原公任藤原長能被・被衣御形宣旨私撰集斎藤玄韋荘能因庵主

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android