コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊椎辷症 せきついすべりしょうspondylolisthesis

世界大百科事典 第2版の解説

せきついすべりしょう【脊椎辷症 spondylolisthesis】

椎骨が種々の原因により前方にすべる症状を総称する。原因のなかで多いのは,椎弓の分離があってすべる分離辷りと,椎間板や椎間関節の年齢的変化による変性性辷り(無分離辷り)である。これらのほかに先天性奇形や全身性疾患が原因のものもある。 無症状であることも多いが,腰痛,坐骨神経痛,あるいは間欠性跛行などの症状が出現すれば,脊椎辷症としての治療が必要となる。コルセット装着,理学療法,体操療法,あるいは薬物療法などが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android