コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱出速度 だっしゅつそくどescape velocity

翻訳|escape velocity

5件 の用語解説(脱出速度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱出速度
だっしゅつそくど
escape velocity

第二宇宙速度あるいは放物線速度ともいう。宇宙速度の一種。天体表面から発射された物体がその引力圏から脱出し,再びその天体に戻らないために必要な最小限の発射速度で,円速度の √2 倍である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

脱出速度【だっしゅつそくど】

物体がある天体の引力を振り切って脱出できる最小限の運動速度。天体の質量をM,両者の中心距離をr,万有引力定数をGとすると,脱出速度vは(式1)地球から脱出する場合には第二宇宙速度宇宙速度)に相当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱出速度
だっしゅつそくど

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の脱出速度の言及

【宇宙速度】より

…これを総称して宇宙速度という。第一宇宙速度,第二宇宙速度,第三宇宙速度の3種があるが,これはソ連系の用語でふつうは以下に述べるように円軌道速度,脱出速度と呼ばれる。(1)円軌道速度circular velocity いわゆる第一宇宙速度。…

【人工衛星】より

Eが0以上の場合には軌道はもはや周回軌道とはならず,0の場合には放物線,正の場合には双曲線軌道となる。とくにEが0となるときの速度Vを半径rにおける脱出速度といい,中心天体が地球の場合には,人工惑星となりうる最小の速度を与える。エネルギーEが負の場合,Eを,と等置すると,aは生成される楕円軌道の長軸の長さの1/2を与える。…

※「脱出速度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱出速度の関連情報