コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳下垂体前葉ホルモン ノウカスイタイゼンヨウホルモン

3件 の用語解説(脳下垂体前葉ホルモンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のうかすいたいぜんよう‐ホルモン〔ナウカスイタイゼンエフ‐〕【脳下垂体前葉ホルモン】

脳下垂体前葉から内分泌されるホルモン成長ホルモン生殖腺刺激ホルモン甲状腺刺激ホルモン副腎皮質刺激ホルモンなどがある。前葉ホルモン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

脳下垂体前葉ホルモン【のうかすいたいぜんようホルモン】

脳下垂体前葉から分泌されるホルモンの総称。単に前葉ホルモンとも。すべて高分子タンパク質で,成長ホルモンプロラクチン卵胞刺激ホルモン黄体形成ホルモンTSH甲状腺刺激ホルモン),ACTH副腎皮質刺激ホルモン)を含む。
→関連項目ウサイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のうかすいたいぜんようホルモン【脳下垂体前葉ホルモン】

脳下垂体の前葉部から分泌されるホルモン。成長ホルモン・生殖腺刺激ホルモン・甲状腺刺激ホルモン・副腎皮質刺激ホルモン・黄体形成ホルモンがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone