親玉(読み)オヤダマ

大辞林 第三版の解説

おやだま【親玉】

一つの集団における中心的な人物の俗な言い方。親分。ボス。 「泥棒の-」
数珠の中心となる最も大きな玉。
芝居の座頭ざがしら・立者たてものなどをほめて呼ぶ語。特に、四世以降の市川団十郎の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親玉の関連情報