コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰当て コシアテ

デジタル大辞泉の解説

こし‐あて【腰当て】

すわるときに腰の後ろに当て、姿勢を楽にしたり保温したりするもの。
修験者・猟師などが腰につけた敷き皮。長方形の毛皮の上端にひもをつけ、後ろ腰に当てて前で結ぶ。引っ敷き。尻皮。
近世、軍陣の際に、打ち刀を帯に差さないで太刀のように帯びるときに用いる、ひさご形の革。これに緒を通し、打ち刀・脇差を差して、腰に下げる。
箙(えびら)を腰につける帯。
和船の中央にあって帆柱を支える最も大きな梁(はり)。船体の幅や深さの基準となる重要な場所とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こしあて【腰当て】

すわるときの敷物や保温のため、後ろ腰に当てるもの。
昔、狩りや旅行の際、後ろ腰に当てた毛皮製の敷物。緒で体に結びつける。尻革。引敷ひつしき
よろいの上から、刀・脇差を身につけるための革帯。革板と緒から成り、鞘さやをさしはさんで腰にまく。
えびらを腰につけるための帯。
和船で、船体の中央よりやや艫とも寄りにある帆柱を立てる位置の称。船の幅や深さの基準寸法はここで測られる。軍船の場合は筒関つつせきという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の腰当ての言及

【しり(尻∥臀)】より

…一般に女性は男性よりも皮下脂肪に富み,とくに乳房と臀部に集中しているが,かつては尻に脂肪蓄積の著しい女性が多かったのかもしれない。ビクトリア朝のころ流行した腰当て(バスルbustle)は,高くくびれた腰の下でコイ・コインの女性にみられる脂臀のような盛上がりを衣装につくっていた。ブラントームがスペイン女性の30の美点の中に太い尻をあげている(《艶婦伝》)のは同じ美意識からであり,西川祐信が《百人美女》で女性の32の美点の一つとして顚(くうてん)臀相(軟らかい丘のような尻)とだけいっているのと対照的である。…

【バッスル】より

…女性のスカートの後ろ腰を大きくはりだすために,その下に着用した腰当てで,フランスではトゥールニュールtournureと称した。バロック末期,ロココ末期に流行したキュ・ド・パリcul de Paris(パリのお尻)と呼ばれる腰当てもこの系統に属するが,その形はモードの流れによって変化した。…

※「腰当て」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腰当ての関連キーワードバッスルスタイル鹿鳴館スタイル性(sex)シルエットトレーンバッスル引っ敷敷物筒穴革帯地機

腰当ての関連情報