コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰文 こしぶみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腰文
こしぶみ

古代,中世の書状で本紙,または礼紙 (らいし) の端を,縦になかばまで細く紐状に切り,これで書状を巻いて余りをはさんで封じ目をしたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こし‐ぶみ【腰文】

書状の包み紙の端を上から中ほどまで細く切って、ひものようにしたものを巻いて帯封とし、先を挟んで墨で封じ目をつけたもの。封じ目が包み紙の腰の辺りにあるのでいう。腰状。切り封。切り封じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こしぶみ【腰文】

〔帯封が全体の腰あたりにあるところから〕
奈良時代から江戸時代まで行われた書状の形式。上包みの端を細く中程まで切り込み、それで帯のように上包みを巻いて余りをはさみ、封じ目をつけたもの。切り封じ。切封きりふう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腰文の関連キーワード切り封じ・切封じ上包み切封捻文

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android