コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰文 こしぶみ

3件 の用語解説(腰文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腰文
こしぶみ

古代,中世の書状で本紙,または礼紙 (らいし) の端を,縦になかばまで細く紐状に切り,これで書状を巻いて余りをはさんで封じ目をしたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こし‐ぶみ【腰文】

書状の包み紙の端を上から中ほどまで細く切って、ひものようにしたものを巻いて帯封とし、先を挟んで墨で封じ目をつけたもの。封じ目が包み紙の腰の辺りにあるのでいう。腰状。切り封。切り封じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こしぶみ【腰文】

〔帯封が全体の腰あたりにあるところから〕
奈良時代から江戸時代まで行われた書状の形式。上包みの端を細く中程まで切り込み、それで帯のように上包みを巻いて余りをはさみ、封じ目をつけたもの。切り封じ。切封きりふう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腰文の関連キーワード大船の帯封金風臍下丹田茶瓶頭見返り柳差向き詰まるところ似たり貝聖行灯

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone