腰文(読み)こしぶみ

精選版 日本国語大辞典「腰文」の解説

こし‐ぶみ【腰文】

〘名〙 (帯封書の腰のあたりにあるところからいう) 書状の封じ方の一つ。書状の上包のに途中まで細く裂き、これを巻いて帯封とし、先をはさんでその上にで封じ目を付けたもの。切封
※申楽談儀(1430)田舎の風体「上書、こし文也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腰文」の解説

こし‐ぶみ【腰文】

書状の包み紙の端を上から中ほどまで細く切って、ひものようにしたものを巻いて帯封とし、先を挟んで墨で封じ目をつけたもの。封じ目が包み紙の腰の辺りにあるのでいう。腰状。切り封。切り封じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android