コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸内殺菌剤 ちょうないさっきんざいintestinal antiseptic

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうないさっきんざい【腸内殺菌剤 intestinal antiseptic】

感染性下痢または腸内異常発酵の際に,殺菌または防腐の目的で投与する薬物のこと。腸内の感染微生物に対して局所的に殺菌作用を及ぼすことを目的としており,宿主(ヒト)に対してはできる限り作用(毒性)を及ぼさないのが望ましいので,小腸から吸収されにくい薬物であることが条件となる。古くは外用殺菌剤のうち,これらの条件に沿ったものが用いられた。フェノール化合物(クレオソートなど),アクリジン製剤(アクリノールなど),キノリン製剤(キノホルムなど)などである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

腸内殺菌剤の関連キーワード整腸剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android